スポンサーリンク

悪いと思った時に素直に謝る事で心が成長する

 

自分に非がある時、素直に認めて「謝れる人」と「謝れない人」がいます。
人間関係の様々な場面で、謝るべき時に適切に謝れるかどうかは、とても大切な事の一つです。しかし謝る事の難しさがあるのもまた事実です。

 

自分が悪いのに謝れないという人は、「自分が悪かったと認める事で今後の関係が面倒になってしまう」「相手に迷惑をかけ申し訳なく思う反面、良かれと思ってやった自分の気持ちも分かって欲しい」、あるいは「自分だけがすべて悪いとは思えない」など、様々な気持ちがあると思います。

 

しかしその裏には自分の非を「素直に認められない」という事が一番強くあります。また単純にプライドが高くて謝る事をしないというケースもあります。

 

プライドが高い人は論外ですが、あれやこれやと理由をつけて謝るような人は、自分の事ばかりを考えているように見えたり、言い訳のようにしか聞こえてこず、結果的に自身に悪い印象を与えてしまうだけとなります。

 

 

謝るという事は相手との関係を再構築する事

 

そもそも謝るという事は、自分の非を認めて自分の行いを許してもらう事であり、「反省」です。また相手との関係を修復したり改善したりと、再構築をしていく第一歩となるわけです。

 

ですので大事な事は、自身の言い訳やプライドよりも、その人との関係を振り返り、これからどんな関係を作っていきたいかを展望していく事だと思います。

 

しかし多くの人はこれを中々素直に出来ません。その背景にはプライドと自分を守るという考えの方が強いからです。

 

謝る時には誤魔化さない

 

実際に謝る時には、自身の気持ちよりも、なるべく相手の気持ちに目を向け、素直にきちんと謝る事を優先します。申し訳ないという気持ちを素直に表現した方が、その相手とのこれからの関係を大事にしたいというのが伝わりやすくなります。

 

そうすると相手が不愉快な気持ちであっても、「仕方がない」とやり直す気持ちにも次第になっていきます。

 

しかし謝る事に手を抜いたり誤魔化したり、形だけの謝罪をすると、相手には必ずそれは伝わります。そして「しこり」を残す事となり、その後の関係もギクシャクします。

 

 

謝る事は自分を成長させる

 

謝るという事は、もちろん相手に対しての謝罪でもありますが、自身の心が成長をする上でもとても大事な事です。

 

人と人との関わりの中で、何かトラブルや行き違いが起きた時、「私だけが悪いわけではない」と自分を守る気持ちになったり、酷い目に遭ったと腹を立てたりしてしまうのは人間ですから仕方のない事です。

 

しかし謝る事で関係が修復されたら、その後の人間関係において気持ちに余裕も出てきて、相手の人の気持ちに配慮したり、具体的な問題に対処できるようになったりと、人間として一回りも二回りも成長出来ます。ですから自分が悪いのなら、たとえその相手との関係が終わる事になっても、謝るべきだと思います。

 

自分に非があって謝るというのは社会における基本です。「自分だけ・・・」と思って謝る事を渋るのは、そもそも反省していない証拠ですし、「人に頭を下げるのは嫌だ」というプライドはゴミでしかありません。

 

そのような考えではいつか人間関係の破綻を迎えます。多少でも非があるのなら、心から謝って自分を大きく成長させましょう。

 


 

スポンサーリンク