スポンサーリンク

たくさんの仲間を作って、思いやりの気持ちを持つだけで割と上手くいく

 

社会生活の中で何が一番面倒だって、それは「人間関係」です。この人間関係に全ての人間が、毎日振り回されて生きているわけなのですが、この人間関係に救われている事もまた事実なんです。

 

人間関係をより良くしていく為には仲間を作る事と、思いやりを持つことです。この2つを意識していれば、わりと上手くいきます。

 

 

人間関係の「群れ」と「仲間」の違い

 

集団での人間関係には大きく分けると2通りあります。それは「群れ」「仲間」です。上手くいく人間関係とは「群れ」ではなく、「仲間」を持ち増やしていく事です。

 

仲間とは

「仲間」というのは、「ある物事を一緒になって行う間柄」です。しかしそこに、「同じ考えで、同じように行動しなきゃいけない」というような、束縛などは一切ありません。ですからそれぞれに個性もバラバラであり、それぞれに違う仲間もいて、趣味も違うし、もっている情報や人脈も違います。

 

しかし例え個性がバラバラであっても、お互いを認め合って集まっているので、仲間としての団結力は高く、行動を起こす時には力を合わせて頑張ります。

 

群れとは

「群れ」というのは、同じような格好をして同じようなしゃべり方をして、同じ考え方を持ち、同じ人を嫌いになるなど、自分と同じような人達が集まっています。

 

群れの中で過ごす人たちは、自分と同じような人達ばかりなので、そこに安心感を持ち依存する傾向がある反面で、いつ自分が「違う」と言われてハブかれるかという恐怖に、たえずビクビクしており、そうならないための対応を必死に続けている状態であり、見えない鎖に縛られています。

 

このような群れは情報量も少なく、人間関係の広がりも、同じような人が増えるだけで新しい人脈は皆無です。

 

自分の事が「イヤ」だと思ったら、たくさんの人と出会えばいい

 

誰もが「今の自分はイヤだ」「変わりたいなぁ」などと思う事があります。そしてそう思う自分にストレスを感じています。こんな時、多くの人は何もせずに、ただ気持ちが落ち着くのを待ったりしていますが、しかしそれでは、根本的な解決には至りません。ではどうしたらよいのでしょう。

 

今の自分に「ちょっと嫌だなぁ」と思うところがあって、もし「変わりたいなぁ」と思っているのなら、人と出会えばいいんです。

 

ストレス原因の第一位に挙げられるのが、「人間関係のトラブル」です。ですからトラブルを避けるために、むやみやたらに人と接触するのを避ける人も多いです。ですが人間はストレスを感じながらも、一人で生きてく事などはできず、共存していく事で成長を遂げていきます。

 

人との出会いは間違いなく、自分を変え人生を変えていきます。そこには人間関係のストレス以上に、大きな価値もあるのです。

 

 

相手が辛い時は「うなずき」と「オウム返し」が良い

 

相手に辛い事があって、あなたに相談をしてきた時、「そんなこと気にするんじゃない」というのはもっともダメな返答法です。なぜなら本人は気にしているわけですから。

 

自分が誰かに相談した時、同じように「気にするな」とだけ言われたら、きっと大きなショックを受けるでしょう。辛いことや苦しい事を相談してきた時に、相手はスムーズに話せない事もあります。その時に話を急かせたり、尋問や長所を取るような聞き方をするのはダメです。

 

相手のぺースに合わせて余計な事は言わず、ただ頷いていくだけでいいのです。そして相手が「辛かった」と言ったら「辛かったんだね」、「怖かった」と言ったら「怖かったんだね」などと、オウム返しをして聞いてあげましょう。

 

一通り話が終わった後で、「話してくれてありがとう」と言ってあげるだけで、相手の心はとても救われます。

 

何とかしてあげなくちゃと思わなくてもいい

相談をしてくる相手は、すでにストレスを抱えている状態です。あなたに少しでも救ってほしいという願いから相談にきます。あなたも誰かに相談に行く時も、きっと同じではないでしょうか。

 

話を聞く方は「相手のストレスを解消してあげなくちゃ」なんて、考える必要は一切ありません。ただ「話を聞く」それだけでいいのです。そしてそれが相手を思いやるという事だと思います。

 

思いやりもなく人の自信を奪うのは間違い

 

他人から自分の思考や行動、頑張ってきたことなどが否定されたり、相手のためを思っての行動が否定されたりすると、心は迷い不安になり自信を失っていきます。
この「自信」というのは、つけるのがとても難しく、またちょっとしたことで「すぐに減ってしまう」という、非常に繊細なものです。

 

自信がなくなると、次の行動が中々取れなくなり、その事が原因でストレスを生みます。そのままにしておくと、やがて自信の無さとストレスが、どんどん大きくなって自分を嫌いになり、心も悪くなっていきます。

 

自信はお金では買えず誰かを見下したり、攻撃したりしても増える事はありません。そして1人で守りきれるものでもありません。人は自信がないと生きてはいけません。ですから思いやりもなく、人が人から自信を奪う事はあってはならないと思います。

 


 

スポンサーリンク