スポンサーリンク

自己否定と現状否定は素早く断ち切るべし!

 

生きている間には、焦り、悩み、迷い、落ち込み・・・と色々な心の混乱状態が起こります。そして色々な問題の中で、身動きが取れなくなっている時、心の中でいくつかの悪循環が起こってしまいます。

 

それは「自己の否定」と「現状の否定」です。この二つの否定が起こってしまうと、いつまでたっても悪循環から出る事ができなくなります。

 

 

自己の否定

 

自分が思っていた結果が出ないと、「どうしてうまくいかないのだろう」「どこがダメなんだろう」「なぜ自分はいつもこうなんだろう」という風に、思ったりすることがあると思います。

 

これは「なぜ?どうして?」と、原因を探ろうとしているようにも見えますが、実は違います。「上手くいかない」「これではダメだ」「自分はいつもこうだ」と決めてかかっているのです。

 

そして潜在意識にそのイメージが固定されているので、「上手くいかないダメな自分」に囚われて、余計に自分の力が出せなくなります。またそんな自分に腹が立ち、「ダメじゃないか」と怒りのやり場を自分に持っていきます。

 

こんなことを繰り返しているうちに、メンタルリズムはめちゃくちゃになってしまい、負の連鎖に陥ってしまうわけです。

 

現状の否定

 

人はプレッシャーがかかると「焦るな、落ち着け」などと、自分に言い聞かせてしまうものですが、実際に焦っているのに、それを否定すると、よけい焦りにはまり込むという悪循環になるんです。

 

余裕がなくなり、あれもこれも気になって、本当はまず何をするべきかもわからなくなっているのに、「今そんな事を気にするな、とにかく集中しろ」などと、自分に無理な事を命じていませんか?

 

あるいは自信を失って、悪い方へ悪い方へと考えが向かっている時に、「くよくよしている場合じゃない、前向きに考えよう!」というように、自分を叱咤していませんか。

 

このように今の状態を否定してかかっていたら、いつまでも足元は定まりません。
だから次に進む事が出来ないんです。

 

 

現状と自分を共に肯定する事で初めてスタートできる

 

悪循環の中にいてはスタートする事は出来ません。抜け出すには現状を肯定し、そして自分の事も肯定する事です。そのために気持ちを一旦リセットすることが必要です。

 

気持ちをリセットし現状を肯定する方法

まずはリズム呼吸をします。リズム呼吸とは腹式呼吸の事で、まず先にゆっくりと息を吐いて、そしてお腹にたっぷりと息を吸い込みます。

 

※リズム呼吸は「呼気4秒、吸気3秒」の計7秒が理想です。

 

心が焦っている時というのは、呼吸も浅く速くなりがちですから、数回繰り返していきリズムを安定させましょう。潜在意識に働きかけるリセットのスイッチとなります。

 

そして今の自分の置かれている状況はどうなのかを、否定をせずに素直に「私は汗っている」「私は落ち込んでいる」「混乱していて、どうしたらよいかわからない」「現状から逃げたいと思っている」など、思っている事を声に出し素直に認めていきます。

 

すると、心がスーッと軽くなり余裕が戻って来ると思います。これは現状を否定する事をやめて、認めたからです。これでスタート地点に立つことが出来ます。

 

自己を肯定してスタート地点からどこへ向かうかを考える

さて現状を肯定できたら、次はスタート地点からどこへ行くかなのですが・・・。
しかし「どうしてできないんだろう」と思っているうちは、自分を否定している状態であり、また答えがあるわけではないので、思いも四方八方に枝分かれしているため、スタートする事が出来ません。

 

ですからまずは自分を肯定して、受け入れていくことが重要です。そしてここでもリズム呼吸が必要です。

 

リズム呼吸で自分を肯定する方法

「どうしてできないんだろう」という気持ちが起こったら、ゆっくりと息を吐き出し、お腹にたっぷりと息を吸い込みます。吸う時は体の中で緊張しているところを意識し、吐く時にはその緊張をすっかりと解くようにします。

 

そして「どうしたらできるんだろう」と自分に問いかけましょう。「どうしたらできるか」というのは、目的の再確認であり、今できる事を探し始められるからです。

 

素直に認める事がポイント

「きっと無理だ」「また上手くいかないに違いない」など、自分を否定する呟きが聞こえてきたらリズム呼吸をしましょう。

 

この時「無理だなんて思うな」ではなく、「あっ自信を無くしている」と自分を認めましょう。ただし、リズム呼吸をし「どうしたらできるんだろう」と心の中で繰り返していきます。そうする事で、「こうしたいのだ」というイメージが段々とクリアになり、気持ちの中にストンと落ちたらリセットが完了です。

 

リセットが完了した後は、「今ここで何をしたらよいのか」だけを考えるのです。

 

※リズム呼吸法については、「瞬間的なストレスを即効緩和するリズム呼吸法のすゝめ」でも、詳しく書いています。

 


 

スポンサーリンク