スポンサーリンク

コミュニケーションがもっと上手になるには?

 

人が最も強いストレスを感じるのは、「人との接し方で上手くいかない」という人間関係でのストレスです。そして人間関係でストレスを抱える多くの人は、決まってコミュニケーションが上手ではない事が挙げられます。

 

人というのは一人一人性格が違い、考え方も行動なども違いますから、相手の事が理解できなかったり、自分の事が理解されなかったりという事は当然起こります。しかしコミュニケーションが上手な人というのは、豊かな人間関係を築いていく事が出来ます。

 

コミュニケーションというのは、一般的に多くの人が難しいと考えていますが、コミュニケーション能力を身に付けるためにおいて、必要な要素は「考えすぎないこと」です。難しいと考えすぎているために、色々と構えてしまい、本当に難しくなっているのです。

 

 

コミュニケーションの基本を理解する

 

人類の発展の一番大きな要因は、言葉によるコミュニケーションが出来たからだといわれています。他の動物に比べて非力だった人間は、言葉によってお互いの知恵を交換し合い、様々な武器を作り出すことで生き残ってくることが出来たのです。

 

つまりコミュニケーションの基本とは「言葉」です。

 

「自分の考えた事を言葉を通して伝えていき、また理解してもらう」
「相手の考えた事を言葉を通して理解していく」

 

というシンプルな仕組みで成り立っています。

 

コミュニケーションが複雑なのであれば、ここまで人類は進化できていません。本来コミュニケーションというのは簡単だからこそ、今の社会があるのです。

 

コミュニケーションが上手くとれない理由は?

 

コミュニケーションがうまく出来ないという人には、いくつかの原因があるのですが、誰もが持つ共通点として、人間の持つ「防衛本能」が大きく影響しています。

 

私達は外界の様々な状況(外敵)から、その身を守るために、無意識に危険な事を避けようとする、「自己防衛本能」と呼ばれる本能を持っています。この本能は私たちの祖先が野生であった時に、とても重要で意味のあるものでした。

 

しかし世の中が豊かになり、外敵に襲われる心配の無くなった現代においても、この防衛本能というのは、私たちの深層心理に根強く残っています。

 

その影響が、「対人コミュニケーション」という形に変えて、「嫌われるのが怖くて、言いたいことが言えない」「人との間に壁を作ってしまう」何を話していいか分からない」「人と話すときに緊張してしまう」などの問題が起きてしまうようになりました。

 

自分をさらけ出す事や、親しくない人と接することが危険だと、本能的に感じてしまって、消極的な行動しかできなくなってしまうのです。ですから、コミュニケーション能力を高めるためには、この防衛本能を解除することが不可欠なのです。

 

 

間違った思考が影響を与える場合もある

また防衛本能にプラスして、自身の持つ思考が間違っている認識の場合、コミュニケーションをより難しいものにしている事があります。一部例を挙げてみます。

 

難しく考えすぎている

誰だって自分の事を誤解してほしくないと思っています。ですから誤解されないようにと、あれやこれやと考えてしまい、結局「上手く伝えられない」「逆に誤解を生んでしまう」という事があります。

 

自分という思いが強すぎる

自分の考えや気持ちを100%解ってもらいたいと思えば思うほど、相手には伝わりません。またそういう「自分が自分が」という押しの気持ちが強いと、相手の考えや気持ちを理解するという思考になりません。

 

どうせ自分は・・・と諦めている

「どうせ自分の話は聞いてもらえない、信用されない」とこのように、自分に自信がなかったりする事で、思考が卑屈になっていたりすると、当然伝えるのも上手くいきませんし、相手もそれを感じ話したいとは思はなくなります。

 

相手の話を理解しようと構えすぎている

人の話を一生懸命理解しようとするあまり、本来なら楽に聞ける話も難しくとらえてしまい、結局理解できないという場合があります。話を理解しようとする考えは間違ってはいませんが、これでは相手も変に身構えてしまい、相手の考えや気持ちを引き出す事が出来ません。

 

 

話し方や聞き方に必要なのは気持ちのコントロール

 

コミュニケーションを円滑にしていく為には、「自分の事を伝えたい」「相手の事を理解したい」という気持ちをコントロールする事がポイントです。どちらも強いが為に、それが前面に出てしまって失敗してしまいます。

 

自分も相手もお互いに100%理解し合えるわけはないのですから、構えずにリラックスして相手と接することです。すると「話し方・聞き方」にも余裕が出てきますよね。

 

上手な「聞き方や話し方」を学ぶ方法はたくさんありますが、自分の心をコントロールできないと、どんなに良いスキルを学んでもそれを活かす事が出来ません。ですから構えずリラックスするというのは、「聞き方・話し方」における最初のスキルとも言えます。

 

コミュニケーション能力を高めるためには?

 

コミュニケーション能力を身に付けるプロセスは、大きく分けると「防衛本能を解除する事」「コミュニケーションの基本を理解する事」「聞き方や話し方のスキルを身に付ける事」の3つです。

 

この3つのいずれかが欠けても、コミュニケーションというのは上手くいきません。しかしこれらの事を、「Perfect Communication〜あなたの人生を明るく変える会話術〜」という書籍では、一つ一つがとても分かりやすく解説されており、また日常生活において、正しいコミュニケーションを具体的に実践していく方法が細かく書かれています。

 

コミュニケーション不足と言われている現代において、人間関係で悩んでいる方は本当にたくさんおり、上手くいかない人間関係で、毎日のように強いストレスを受けています。しかしコミュニケーション能力が高まれば、人生はもっと楽しいものになり、人間関係においてのストレスは格段に減るでしょう。

 

コミュニケーション能力というのは、人間が生まれ持った能力であり、誰でも高める事が出来ます。得意・不得意の差が出来てしまうのは、正しいコミュニケーションの方法を知っているか、知らないかだけです。ですからコミュニケーションが苦手だと悩んでいる人は、正しい方法を知り実践すれば良いわけす。

 

後は自分がどうありたいのか、行動するだけなんですよね。

 

「Perfect Communication〜あなたの人生を明るく変える会話術〜」

 


 

スポンサーリンク