スポンサーリンク

あなたはすぐにイライラしちゃう?それともイライラしない?

 

世の中にはすぐに「カッとなる人」や逆に仏様のように「温厚な人」がいます。この2者の違いについてまとめてみました。

 

そもそもイライラしている状態というのは、すでにストレス状態にあり、イライラしてしまう原因というのは、何らかのストレスがかかっている時です。イライラの度合いが大きくなればなるほど、ストレスも比例して大きくなっていき、ストレス自体が大きいとイライラもまた大きいのです。

 

ストレスを感じやすく解消することが苦手な人というのは、ちょっとしたことでもすぐにイライラとしてしまう傾向があり、ストレスを感じにくく解消が上手な人というのは、イライラする事も無く温厚な人が多い傾向があります。

 

 

イライラしやすい人の特徴と改善法

 

イライラしやすい人というのは、いくつかのタイプに分ける事が出来ます。またタイプ別に持つ特徴に合わせた改善策を取る事でイライラしなくなります。

 

真面目で自分に厳しいタイプ

普段からマジメで自分に対して厳しい人はだらしのない事を嫌います。時間にルーズなのはダメ、片付けが出来ないのはダメ、筋の通らない事は許せないなど、このような事を自分の中の規律としており、またしっかりと守っています。

 

このタイプの人は、同じことを他人にも望んでしまう傾向が強く、他人に対しても同じように厳しく見てしまいます。ですから他人の悪い部分が露骨に見えてしまうと、すぐにイライラするんです。真面目というのはとても素晴らしい事だとは思うのですが、度が過ぎてしまうと結果的に自分自身を苦しめてしまいます。

 

イライラ改善法

まず自分の中の「鉄の掟」をマイルドにしておくことで、他人に対するイライラもなくなっていきます。自分の「鉄の掟」をマイルドにするには「〜の時もあるよね」と思うようにしていきます。

 

完璧を目指す自分にも「〜時だってある」という事が必ずあります。100%完璧でいる事なんてありえません。自分の中の規律を少し緩めていく事で、気持ちに余裕もできるため、相手に対しても寛容になっていきます。

 

自分の気持ちをマイルド化して「〜の時もある」と思うようにしていけば、他人に対してちょっとやそっとの事ではイライラしなくなります。もちろん限度というものはあるとおもいますが・・・・(^^;)

 

自分に余裕のないタイプ人

自分に余裕のない人も日頃からイライラしがちです。金銭的、人間関係、私生活、仕事など、社会生活において大事な部分が、上手くいっていないと人は心の余裕がなくなり、イライラしてしまうのです。そしてこの余裕のないイライラした状態というのは、他人のちょっとした事にでも敏感に反応してしまう傾向があります。

 

イライラ改善法

余裕がなくイライラしてしまう人の改善策は、ズバリ余裕を作ることです。「心の余裕」を作るようにする事でかなり改善されます。とは言っても、余裕を作るという事が簡単に出来たらイライラもしないはずです・・・。
ですから「いきなり余裕を作る」のではなく、普段から余裕作る事を心がけながら生活するしかありません。

 

固定観念や先入観が強いタイプ

真面目なタイプの人にも当てはまる部分がありますが、固定観念や先入観が強いと自分基準で物事を見る傾向になり、それを相手にも強く求めてしまう事があります。だから相手が自分の基準を満たしていないとイライラするわけです。

 

自分の基準はあくまで自分の中のモノですから、本来相手に望む事ではありません。しかし固定観念や先入観が強い人というのは、自分中心となりがちなのが特徴です。

 

イライラ改善法

この場合の対処法としては、固定観念や先入観を改善していくしか方法がありませんが、固定観念や先入観はすぐに改善できるものではありませんし、本人による変えたいという強い意志や外部からの刺激なども必要です。

 

型にはまらない自由な思考を持ち夢を現実化させていくサイトというところでは、固定観念や先入観の改善に役立つ情報も載っていますので参考にどうぞ♪

 

 

イライラしない人の特徴

 

イライラしない人の特徴は、イライラする人の真逆であるといえます。自分に余裕がある(金銭的、私生活など)人は、イライラしない傾向にあり、固定観念や先入観に縛られていない人は、考え方も柔軟なので人に押し付ける事もしません。

 

さらに自分に厳しい人とは反対に『自分に優しい=甘い人』は、他人にも同じように甘いためイライラしません。自分に対して厳しい事を課していないので、他人の事もまったく気にならずイライラも起きないんです。

 

この手のタイプの人は言い方は悪いですが、鈍感やズボラ、マイペースと言われたりしています。イライラしてしまう人から見ると、最も嫌いなタイプといえますが(^^;)

 

ズボラな人やマイペースな人は、協調性に欠けるところもありますが、他人に対してどうのこうのという事は思いません。こういう人達ばかりになれば、世界は平和になる気がしますね(笑)

 

もう一つイライラしない人の中には、人に対して「一切無関心」である場合もあります。この手のタイプの人は、相手に対して何の感情も抱かないので、イライラする事もありませんが、思考の欠如などの精神の病的な場合があります。

 

イライラする人しない人 まとめ

 

イライラしないためには、自分に多少甘い部分も必要だというのは大事ですが、極端に自分に対して甘い人も逆にどうかと思います・・・。結局は厳しい部分と甘い部分の両方が、バランスよく自分の中にあるのが理想です。

 

どんな事でも他人を許すという事は難しい事です。特に他人に厳しい人は尚更ですね。でも他人を許すのではなく自分自身を許す事で、結果的に他人も許す事に繋がるわけですから、ストレスも感じないはずです。

 

本来ですと、自分に厳しく他人には優しいくらいの方が理想なのですが、これを出来る人はよっぽど人生を極めた人ですね(笑)という事でイライラしやすい人は、イライラしない人をよく研究してみましょう♪最初は見ているだけでイライラしますが、やがて羨ましくなりますよ(笑)

 


 

スポンサーリンク