スポンサーリンク

自律神経っていうのはなんだろう?

ストレス,自律神経,乱れ,関係

 

ストレスを強く感じたり溜めこんだりしていると、「自律神経が乱れる」というのをよく耳にしていると思いますが、そもそも自律神経とはいったい何でしょうか?

 

 

自動で身体の調子を整える自律神経

自律神経とは脊椎動物にある末梢神経の一つで、意志とは無関係に作用する神経で、交感神経副交感神経の2つから成り立っており、消化器系や血管、内分泌腺、生殖器など自分の意志ではどうすることもできない器官の機能促進や、抑制などの調節をする働きがあります。簡単に言うと自律神経とは、自動で体の調子を整えてくれているわけです。

 

交感神経の役割

交感神経は主に日中に作用する神経で、活動している時や緊張している時、ストレスを感じている時などに働いています。交感神経が働くことで身体は素早く反応し、活動できる状態になりますが、非常にストレスを受けやすい神経であり、ストレスを受ける事で活発化します。

 

副交感神経の役割

副交感神経は主に夜に作用する神経で、休息している時やリラックスしている時、眠っている時などに働いており、身体を修復する作用を持っています。
副交感神経の働く時間が短いと、体が十分に回復できず、「疲れがとれない」「体が重たい」「目覚めが悪い」「肩や首がこる」「めまい」「微熱」など、さまざまな不調があらわれてきます。

 

2つの神経は同時に作用はしない

交感神経と副交感神経は、同時に作用する事はありません。交感神経が作用している時には副交感神経はお休みとなり、副交感神経が作用している時は交感神経はお休みしています。この2つの神経が規則正しく機能する事で体の健康を維持しています。

 

ストレスを受けるとなぜ自律神経は乱れるのか?

ストレスを受けても、すぐに自律神経が乱れるわけではありません。ストレスを受け続ける事によって、ストレスで作用する交感神経ばかりが作用するようになり、身体を休息させる副交感神経が機能しなくなるのが原因です。

 

交感神経ばかりが作用すると、緊張状態が続き筋肉も硬くなっていきます。そうなると血管も縮み、栄養や酸素が全身に思うように行き渡らなくなり、リンパの流れも悪くなるので、疲労物質や老廃物が排出されにくくなっていきます。その結果、疲労回復ができずに疲れや不調をかかえてしまうわけです。

 

またこの不調そのものもストレスであり、不調が回復しないまま更に外部のストレスを受けると・・・という悪循環が自律神経を乱していきます。自律神経の乱れが酷い場合、自律神経失調症という病気を患ってしまう事もあります。

 

自律神経の乱れを防ぐには、副交感神経を鍛える

自律神経の乱れを防いだり改善していくには、副交感神経を活発化させる事です。副交感神経を活発化させる具体的な方法は、簡単にいうと「ストレスを受けない・溜めない」ことなのですが、これが出来たら皆さん苦労はしていませんし、また自分の意志でも、どうする事も出来ません(笑)

 

では何か他に方法はあるのかというと、それは「マッサージやストレッチ」です。マッサージを受けた方なら分かると思いますが、マッサージをしてもらっていると眠くなってきます。これは副交感神経が優位に働いている証拠なんです。

 

ストレスをはじめ不調や疲労を抱えている人の共通点は、体がガチガチに固くなっていることです。このガチガチな体をほぐしていくことでリラックスし、副交感神経を活発化させていきます。

 

しかし毎日マッサージを受けるのも中々難しい事です。そんな時は自分で出来る簡単なストレッチやマッサージをするだけでも違います。ただしやり過ぎは禁物で、あくまでリラックスしているという実感がないと意味がありません。

 


 

スポンサーリンク