スポンサーリンク

ストレスと上手く共存するための知識

ストレス,知識,関係,原因

 

ストレスは体にも心にも悪いというイメージが強く、誰もがストレスを無くしたいと思っています。しかしストレスは人間が生きていく上で必要なものでもあり、完全に無くすこともできないのです。

 

ストレスには『良いストレスと悪いストレス』の2種類が存在し、多くは悪いストレスによって悩まされているわけですが、この2つのストレスバランスを適度に保つことが、身体や精神にとっては一番良い事であるんです。

 

ここではストレスの種類やストレスと人間の関係、ストレスを感じる仕組み、ストレスとなる原因などについて考察していきます。

 


 

スポンサーリンク

ストレスに関する知識とストレスになる様々な原因を考察記事一覧

ストレス,ストレッサー,ストレス反応,ストレスの種類

現代社会において「ストレス」という言葉を聞かない日はありません。今や子供でも「ストレス」という言葉を口にする時代です・・・・(^^;)このストレスはとにかく身体に良くないものであることは間違いない事なのですが、実際どのような事を「ストレス」というのかはあまり知られていません。そんな「ストレス」のちょっとしたマメ知識を解説しています。スポンサーリンク・幸せホルモンのセロトニンを増やして心を元気にする...

ストレス,弱い,溜めやすい,特徴,耐性

ストレスは外的なストレッサー(原因)を受けてストレス状態となりますが、ストレスに対して弱い人というのは、このストレスをもろに受けてしまう、あるいは上手に処理できず溜め込んでしまうという傾向があります。ストレスを強く感じたり弱く感じたりすることは、ストレッサー自体の大きさにもよるのですが、ストレスに対して弱い人というのは、元々持っている「性格」が大きく左右しており、「体調」や「状況」、「環境」などの...

ストレス,強い人,溜めない人,特徴,耐性

現代社会はストレス社会とも言われており、毎日あらゆる場面で常にストレスにさらされ、心身共に体調を崩す方が多くいます。しかしその一方で、大きなストレスにも適応できるという人も存在しています。いわゆるストレスに対して強い人なのですが、いったいどのようにして強くなっているのでしょうか?スポンサーリンク・幸せホルモンのセロトニンを増やして心を元気にするサプリ【セロトアルファ】・なかなか「うつ病」から抜けら...

ストレス,自律神経,乱れ,関係

ストレスを強く感じたり溜めこんだりしていると、「自律神経が乱れる」というのをよく耳にしていると思いますが、そもそも自律神経とはいったい何でしょうか?自律神経とは脊椎動物にある末梢神経の一つで、意志とは無関係に作用する神経で、交感神経と副交感神経の2つから成り立っており、消化器系や血管、内分泌腺、生殖器など自分の意志ではどうすることもできない器官の機能促進や、抑制などの調節をする働きがあります。簡単...

イライラする人,イライラしない人,違い,特徴

世の中にはすぐに「カッとなる人」や逆に仏様のように「温厚な人」がいます。この2者の違いについてまとめてみました。そもそもイライラしている状態というのは、すでにストレス状態にあり、イライラしてしまう原因というのは、何らかのストレスがかかっている時です。イライラの度合いが大きくなればなるほど、ストレスも比例して大きくなっていき、ストレス自体が大きいとイライラもまた大きいのです。ストレスを感じやすく解消...

セロトニン,脳内神経伝達物質,心身の調整,ドーパミン

「心身が不調になる」という事は、過度なストレスが原因であることは間違いありませんが、本来、人間にはストレスによって心や体が調子を崩した時に、心身の調子を整える働きをする脳内の神経伝達物質「セロトニン」というものがあります。セロトニンは「幸せホルモン」とも言われており、心と体のバランスを保つようにしてくれているわけです。しかしこのセロトニンもストレスが蓄積したり、過度なストレスが一気に降りかかったり...

最近では子供の世界でさえ、「人間関係の希薄さ」が露骨に出ています。もっとも今の時代においては、珍しい事ではないのかもしれませんが・・・。実際にある場面を目撃したエピソードをご紹介します。「友達が一番信用ならない」という中学生と、それを肯定する仲間たちとある学校帰りの中学生が数人、電車内で話していた時に、こんなことを言っていました。それは「友達が一番信用ならないからな」です。そして数人いる他の中学生...

幸福になる為には、大原則として「自分は幸せになれる」という事を強く信じる事、そして自分からアクションを起こしていくという事です。状況が好転するのを、ただ待っていたり、幸運が飛び込んでくるのを期待して、行動するのを後回しにする事があってはいけません。また過去に縛られて「生まれや育ちが悪い」とか、「あんな辛い事があったから」などと思ったり、諦めたりする必要はありません。過去や現在の状況に囚われず、自分...