スポンサーリンク

不機嫌は「今は本来の自分ではない」というサイン

 

不機嫌とは、機嫌が悪い事。不快。という意味合いであり、「今は本来の自分ではない」というサインです。

 

不機嫌になるきっかけは様々です。ある事で強烈に怒ったけれど、自分の気持ちは収まり切らずに不機嫌になってしまう、自分以外の人達ばかりがちやほやされていて不機嫌になる、朝、夫婦げんかをして1日不機嫌になってしまうという事や、女性であれば、生理前は理由もなく不機嫌になる人もいます。

 

このように色々な理由で不機嫌になるのですが、いずれも「本来の自分が発揮できていない」という事を知らせているわけです。ですから、そこからまず自分がすべきことは、「この不機嫌な状態の自分は、本来の自分ではない」という事を認識する事です。

 

そしてこのような日は「静かにしていよう」とか「機嫌が良くなるのを待つ」など、機嫌を良くするために試してみるのが、不機嫌になった場合の基本となる対処法です。

 

 

不機嫌な時は周囲に伝えておくと楽になる

 

不機嫌な時というのは気をつけていても、つい当り散らしてしまったりします。場合によっては「人格に問題がある」と誤解を受けてしまう事だってあります。

 

ですからそのような事にならないためにも、「今日は機嫌が悪いから、態度がキツくなったりするかもしれない」「ごめんね、気にしないで」というような事を、関わる周囲の人たちに伝えておくと、周りもあなた自身も楽になります。

 

「自分は今は機嫌が悪い」という事は、中々言えるようで言えません。でもその事を正直に伝える事で「裏表のない人だな」と、あなたに対する周囲の見方も良い方へ変わっていきます。

 

不機嫌くらいで自分を嫌いにならない

 

不機嫌になった時、「すぐイラッとしてしまう」「不機嫌な自分が嫌いだ」「いつも機嫌がいい人でいたい」と、悩んでいる人も多いです。

 

でも不機嫌というのは人間らしい現象です。その日の体調や周囲の人間関係で、不機嫌になったりすることは誰にでもあります。ですからそんなことで自分を嫌いになったりせず、すぐに機嫌が良くなる方法を見つけた方がいいです。

 

またトレーニングによって不機嫌を手放す事も出来るようになります。

 

「○○すべき」からの解放

多くの場合において不機嫌な時、私たちの頭は「○○べき」で支配されています。

 

例えば相手に対して「○○であるべきだ」と思いっている場合、そうじゃないからこそ不機嫌になるわけです。また他人に対して「べき」がある人は、自分に対しても「○○べき」などが必ずあります。

 

真面目な人ほど、他人にも自分にも「○○すべき」が多く、それが縛りとなっているのです。中々「○○であるべき」というようには、いかないのが世の中です。
ですから「今はこれでいい」くらいに思えれば、余計なストレスを自ら生まなくて済むようになります。自分に対して寛大になれば、他人にも寛大になれます。

 

 

不機嫌すぎる場合は別の原因があるかも

 

あまりにも不機嫌でイライラが続いているという場合、その不機嫌の原因が「何かのきっかけで起きている不機嫌」なのか、「原因も分からず何となく続いている不機嫌」なのかを考えてみてください。

 

特にキッカケが思いつかず、常にイライラしがちという場合は、それが「うつ病」の症状である可能性もあります。

 

不機嫌なのは意識が「今」にないから

 

体調が悪い時などは仕方ありませんが、「不機嫌」は案外ちょっとした気分転換で、改善するものです。なぜかというと多くの不機嫌が、過去の「何か」を引きずっている状態だからです。

 

例えば「頑張っているのに上司に叱責された」「朝、夫婦げんかをして、その内容に納得していない」など、不機嫌の気持ちには、それを引き起こした過去があるからです。

 

機嫌が悪い時に気分転換をしようと、「散歩する、好きな音楽を聴く、カフェで時間を過ごす」などをする事があると思いますが、これらは全て「今」に焦点が当てられている行動となります。

 

ですから、ちょっとした気分転換が機嫌直しに有効だったりするのは、過去から現在に頭を切り替える事ができているからです。

 

気分転換ができない時

気分転換で改善しない時、あるいは気分転換ができない場合もあります。その時は不機嫌な状態で過ごす事になるので、周囲になるべく迷惑をかけない為にも、「不機嫌」「調子が悪い」などと伝え、多少の行動を免罪してもらいましょう。

 

また不機嫌な時というのは、あまり頭を使わない方が良いです。「何かの判断をする」という事は、まずしない方が良いです。とにかく不機嫌な状態が収まるのを待つ、というのがとても重要です。

 

 

相手の不機嫌が伝染しないために

 

「不機嫌な人と一緒だと、こっちまでイヤな気分になる」と、このように思うのは、一般的に当然と言えます。せっかくポジティブな事を言っても、ネガティブな反応しか返ってこないのであれば、こちらもイヤな気分になってしまいますよね。

 

他人の不機嫌が自分に、また自分の不機嫌が他人にというように、不機嫌というのは伝染していきます。しかし相手の不機嫌を自分に伝染させないための方法があります。それは「相手の領域を尊重する」事で、かなり解決できるのです。

 

どういうことなのかというと、相手は何かの理由で不機嫌になっているわけですが、それはあくまでも「相手の領域」の話なわけです。そして今は「不機嫌になっている事」が相手にとっては必要なプロセスなのでしょう。

 

ですから、「なんだあいつの態度は」という見方ではなく、「何かあったんだな」「かわいそうだな」というような視点で見ていくと、相手の「負」に巻き込まれることもなくなります。

 

周囲の人間によくイラついてしまう場合

 

「周りにムカつく人が多い」などと感じる場合、それはもしかしたら自分の側が不機嫌であるかもしれません。なぜなら他人に対する寛大さは、本人の機嫌に比例するものだからです。

 

ですから「目に入るものすべてにムカつく」というようなときは、おそらく相手の問題ではなく、自分側の機嫌の問題であると言えます。

 

また許せないという相手に対して、いつも変わらず「許せない」という気持ちであれば、それは本当の怒りです。しかし日によって、ムラがあるのであれば、それは自分側の機嫌の問題となります。

 

このような事を解消するには、「自分は今不機嫌かも・・・」という視点を持つことです。この視点を持って自分の状態を把握できれば、人間関係のトラブルも減っていくのではないでしょうか。

 

公共の場での不機嫌に気をつけよう

 

公共の場で自らの不機嫌さを、アピールしている人もよく見かけます。舌打ちをしたり、わざとらしくため息をついたり、小声で文句を言っている人もいます。

 

しかし忘れないでほしいのは、不機嫌なのは決して自分だけではないという事です。公共の場なのですから様々な人が集まっており、当然自分以外にも、不機嫌な人だっているのです。

 

そういう人達と自分のちょっとした不機嫌さが、思わぬトラブルになることだってありえるのです。「公共の場は色んな人がいる」という事を常に心がけておく必要があります。

 


 

スポンサーリンク