スポンサーリンク

寂しいという感情は「繋がりが途絶えている」というサイン

 

寂しいとは、本来あった活気や生気が失われて、物足りなく感じる。満たされない。孤独をひしひしと感じる。心細い。などの意味合いを持ちます。寂しいという感情の役割は、「繋がりが途絶えているよ」というサインです。

 

寂しいと「人恋しくなる」と感じる人は多く、一般的に「孤独=寂しい」と思われています。しかし人と一緒にいても、寂しさを感じる事は案外多いものです。自分と感性の違う人達と一緒にいたりすると、物理的には賑やかでも、精神的には寂しいものなのです。

 

人間は社会的動物であり、基本的に「つながり」を求め「つながり」の中で暮らしています。この繋がりには2種類あり、一つは「外面的なつながり」です。外面的なつながりは、単に一緒にいる事や親しい関係として知られることです。

 

もう一つの繋がりは「内面的なつながり」です。内面的なつながりは、ありのままの自分をさらけ出しても、安心して受け入れてもらえるような関係の事を言います。この内面的なつながりが感じられない時に、私たちは寂しさを感じるのです。

 

 

「繋がり」の基本とは

 

寂しいからという理由で、色々な人達と交友関係を築き、「友人がすごく多いんだ!」と自慢する人がいます。でも多くの場合において、心の寂しさは満たされません。なぜなら外面的なつながりばかりを求めているからです。

 

外面的なつながりばかりを求めても、決して寂しさを埋める事は出来ません。

 

また「家で一人でいると寂しくてたまらない」とか「このまま一生独身で生きていくのかと思うと寂しい」というように思っている人は多いです。しかしこれは「一人でいる事=寂しい」という思い込みに焦点が置かれており、「親しい誰か」が自分に与えられない限り、寂しさは解消されないというように思っていますが、これは間違った考え方です。

 

繋がりというのは、与えられるものではなく与えるもの

「パートナーがいない自分に繋がりはない」というところで、「パートナーがほしい」という風に考えている限り、「寂しさ」はなくなりません。現れるかわからない人を待っていても、時間ばかりが過ぎていくだけです。

 

現状の寂しさを変えたければ、まずは自分を見直してみましょう。自分のどこかに「繋がりを感じにくい何か」があるのかもしれません。例えば、相手がせっかく行為を抱いてくれているのに、「こんな私なんか・・・」「どうせ好かれるわけがない」などと思って、心を閉ざしてしまう習慣があるのかもしれません。自分の意識を変える事で繋がりはどんどん広がっていくのです。

 

本当のつながりは、まず自分の心を開くこと

 

寂しさとは、元々「疎外」と関係の深い感情です。自分は疎外されているわけではなく、「何らかの必然性があってここにいる」という感覚があれば、表面的な人間関係よりもずっと強い「繋がり感」を得られます。

 

その為には、「繋がる対象があるか、ないか」ではなく、自分側の心が開いているかが重要なのです。たとえ相手が心を閉ざしていても、それを温かい目でみることができれば、それは自分側の心は開いているということです。自分の心が開いている限り、いつでもつながる事ができるのです。

 

一方で「相手が疎外するから、こちらも心を閉ざす」という時に、初めて本当の疎外が成立し、また本当の寂しさを実感する事となります。

 

 

純粋に感じるしかない寂しさ

 

いくら自分で繋がりを作ろうとしていても、「感じるしかない寂しさ」というのもあります。例えば「独り立ちした部下を見て寂しい」という気持ちや、「子供が巣立っていく事が嬉しいけど寂しい」といった場合です。

 

どちらの場合も、自分が今まで愛情をかけて育ててきた分、その巣立ちが寂しいということですが、寂しいからといって足を引っ張るわけにもいかず、喜んであげなければいけません。

 

このような寂しさの場合、寂しいという事を否定せずに、「自分は今、寂しさを感じている」と意識するようにしましょう。自分の感情を否定せずに認める事は、新たな自分を再構築する事になります。

 

他の感情と絡み合って感じる寂しさ

 

自分が抱いている「寂しさ」正体が何かを理解する事で、その寂しさが扱いやすくなります。たとえば「実家を建て替える事となり、壊されていく生家を見て寂しい」という場合、これは過去の思い出が失われる、「悲しみ」などと共に感じる寂しさになります。とすると「悲しみのプロセス」を進めていく事になります。

 

悲しみのプロセスについては ⇒ 「悲しみの感情と向き合うために知っておくべき事」を参照してください。

 

もう一つ、「仲良しグループの飲み会に誘われなくて寂しい」というケースの場合、このような時には「悔しさ」も感じています。悔しい感情でのポイントは「尊厳」です。誘われないことに対して自虐的に捉えず、寂しさは寂しさとして味わった後、人間としての尊厳を高める方法で考えていきましょう。

 

悔しさについては ⇒ 「悔しさの感情と向き合うために知っておくべき事」を参照してください。

 

相手の寂しさに向き合うのはほどほどに

 

寂しそうな人に対して、つい話相手なってあげる人もいると思います。相手が喜ぶだろうと、繰り返し話し相手になるという事もあるでしょう。

 

自分がその相手との関係を、楽しんでいるのであれば問題はないのですが、単に「かわいそうだから」という動機だと、次第に疲れてしまい、いつか燃え尽きてしまいます。

 

相手も寂しいわけですから、どんどん「自分に向いてほしい」という気持ちが強くなっていきます。これではお互いにとって良くありません。ですから話を聞いてあげるにしても、適度な距離感をもって接するようにしていきましょう。

 


 

スポンサーリンク