スポンサーリンク

感情のトレーニングで自分をリラックスさせよう!

 

感情的になるというのは、人が毎日抱く「怒る、泣く、悲しむ、笑う、喜ぶ、不機嫌になる」などといった様々な感情を、ありのままに出してしまう事です。

 

「感情的な人は感じたままを素直に表している」という見方をすれば、それほど悪いイメージもつかないでしょう。しかし頻度も多く、周囲に不快な思いをさせているようでは、社会生活に支障をきたします。

 

ですから多くの人は自分の感情を、あからさまに出してしまうというのは、社会生活において人間関係に悪影響を与えてしまうと考え、通常は理性で抑えています。

 

もちろん、どれだけできた人間であっても、時に自分のキャパシティを超えるような事があれば、感情的になる事はあります。

 

でも通常は理性を働かせて、感情をコントロールするというのは、大人としては当然の能力なのですが・・・。近年、ちょっとしたことですぐにイライラする、あるいは簡単にキレるという大人がとても増えています。このような人が増えているのは、感情をコントロールできていないという事が挙げられます。

 

 

感情的になる事自体はさほど問題ではありません

感情的になる事自体は別に大した問題ではありません。誰でも「怒るな」「腹を立てるな」「泣くな」などと抑え込もうとしても無理な話なのです。

 

問題は、すぐ感情的になってしまう事と、感情的になってしまった後の事です。

 

ちょっとしたことですぐに感情的な状態となってしまうのは、単純に理性が弱いという事、つまり感情のコントロールができていないという事です。また感情的になった後も、いつまでもズルズルと引きずっているようでは、ちょっとしたことでまたすぐにカッとなり、怒りはさらに膨らんでいきます。

 

誰でも不機嫌な人と一緒にいるのは嫌ですし、自分自身も不機嫌な人になりたいという人はいないと思います。どちらも回避するには、普段から感情をコントロールできるように鍛えておく事が重要です。

 

感情のコントロールができる人は、自分自身が不機嫌な人になる事も無く、また例え相手が不機嫌な状態であっても上手くやり過ごす事ができます。

 

ここでは、感情を上手にコントロールしていく様々な方法を紹介していきます。

 


感情を上手にコントロールしてストレスを作らないようにする方法記事一覧

感情を上手にコントロールできるかどうかというのは、その人の器の大きさが関係してきます。器の大きさとはいわゆる脳の処理能力の高さです。自分にはどのくらいの器の大きさがあるのかというのは、日々の生活の中での自分の行いで知ることができます。もし普段から「自分は器が小さいな」と感じる事がある人は、失敗したり行き詰った時の感情に意識をする事、また視点を変えるという考えを持つ事、脳の処理能力がアップするような...

脳の処理能力をアップしていくと、自分の感情を上手にコントロールできるようになり、余計なストレスも作らなくて済みます。表現を変えると「器が大きい人」となり、人間的にもとても魅力のある人になります。脳の処理能力をアップしていくには、自分の現在の環境を変えていく事です。環境を変えるといっても、何も引っ越しとかをするわけではありません。「あなたの人生を明るく変える会話術」・幸せホルモンのセロトニンを増やし...

残念ながら世の中には、ワケのわからない不機嫌な人達が増えています。あいさつをしても顔を合わせない、そっぽを向く輩。仕事の報告をしても返事をしない上司。肩が少し触れただけでキレる輩など・・・。自分にも何らかの非があるのなら、「しょうがない」とも思えいます。しかし大概は理不尽で不当な場合が多く、このような人達から自分が被害を受けると、つい「私が何をした!」と怒鳴りたくなります。しかしそれをやってしまう...

思考プロセスにおいて、「頭脳は知能や知性を受け持つ場所だから、冷静で客観的な答えを出せる」というのは大きな間違いです。人間はその時の気分で、判断や行動が変わっていくものであり、物事の考え方もその時の気分によって、大きく左右されます。つまり思考プロセスは、感情が左右しているという事であり、同じ状況下であっても、その時の感情の受け止め方によって、考え方を変えていくのです。また感情は、環境に非常に影響を...

大人になるというのは、どういうことなのでしょう。大人になる上で重要なのは認知であり、認知は「ものごとの受け止め方」や「理解の仕方」という事です。一昔前まで大人になるという事は、年齢にふさわしい知的発達(知識が多く理解力が高い)があれば、それで十分に認められてきました。しかし最近は知的発達だけでは、認知的成熟度は測れないという考えが強まっています。なぜなら認知には「感情」や「考え方のクセ」が加わって...

職場や学校など、様々な人間関係の中で生活をしていると、時に自分の感情を全くコントロールできなくなってしまう事があります。いわゆるパニック状態です。パニックというのは、決して特殊な状況ではありません。「パニック障害」になると明らかな神経症ですが、滅多にある事ではありませんが、誰にで小さなパニック経験はあると思います。こういう経験をすると、後になって「みっともない事をしたな・・・」と恥ずかしくなるので...

全ての感情の原点は、「喜怒哀楽」といった単純なものから生まれるのですが、人間は成長するにつれて、物事を余計に複雑に考えていくようになるので、感情もどんどん複雑化していきます。嫉妬・劣等感・僻みや猜疑心・復讐したい気持ちや正義感など・・・、これらはすべて「怒り」がどんどん変化した形です。このように複雑化した感情は余計に悩みを増やし、ストレスもたくさん生んでしまっているのです。正直、余計な事を考えない...

感情トレーニングにおいて外せない大事なメニューがあります。それは「忘れる事」です。どんなにイヤな事があっても、すぐに忘れてしまう事ができるのなら、私たちは悩みから解放されます。こんな幸せな事はありません。イヤな事を忘れられるという事は、打たれ強くもなり勇気もどんどん出てきます。なぜなら失敗しても忘れればいいわけですから。しかしそれができれば、誰も苦労はしていませんよね・・・。できないからこそ、日々...

沸き起こる感情を押さえつけようとしても、収まるものではありません。そして押さえつけようとすることは、コントロールする事とは違います。そもそも「感情は放っておけば段々収まってくる」ものです。腹が立つ気持ち、悔しい気持ち、憎い気持ち・・・など、これら負の感情は、気にすれば余計に膨れ上がるほど強力ですが、それでも放っておけば個人差はあれど、そのうちに静まっていきます。実際のところ、「怒るな」「悲しむな」...

つい感情的になってしまうパターン(場面)というのがありますが、でもその時々で感情的になったり、ならなかったりすることがあります。いつもだったらカチンとくる上司の嫌味でも、受け流せる時もあれば、敵対する相手の意見も、素直に受け入れることだってあるわけです。これは一体どういうことなのかというと、あなたの「感情コンディション」が左右しているのです。受け流せる時というのは、感情コンディションが良い状態です...

感情というのは、受け止め方一つで変わっていきます。災難な出来事であっても、それを重く受け止める人と軽く受け止める人とでは、感情の在り方も随分変わり、その後の展開にも影響を与えていきます。モノゴトを軽く受け止める人は、つまらないことで感情的にならないので、のほほんと朗らかにやっていけます。はたから見るとその姿は「能天気」や「ちゃらんぽらん」という様子に見られますが、災難を軽く受け止める技術はとても大...

怒りとは、激しく気が荒立ち腹を立てる、または怒る。力んだ荒々しい形状が現れ荒れ狂う・・・などの意味があります。怒りという感情の本来の役割は、「何かが上手くいっていない」という事を、私たちに知らせている事であり、「本来あるべき状態との不愉快なズレがある」時に出るサインとも言えます。例えば、「親切にしてあげたのに、素知らぬ顔をされて腹が立った」という事がありますが、これは「お礼の一言があってもいいのに...

不安とは、「安心の出来ない事、気がかりなさま、心配、不安心」などの事を表します。不安という感情は、「安全が保障されていない」という事を、私たちに知らせるために起こるのです。初めての場所に行くときに不安を感じるのは、そこが未知の場所であり、安全かどうかがわからないからです。また初めての人と会う時の不安は、「その人は危険人物かもしれない」とか「自分と上手くいかなかったらどうしよう」、あるいはその人の前...

悲しいというのは、泣きたくなるほどの辛さ、心が痛んで耐えられない、自分の力ではとても及ばないと感じる切なさなどを表します。「悲しみ」という感情の役割は、「何かを失った」という事を知らせるためのサインです。人であろうとモノであろうと、何か大切なものを失うと、私たちは悲しみを感じるようになっています。悲しみを感じると、引きこもりがちになったり内向きになったりします。とっても悲しい時に、楽しく賑やかな場...

悔しいとは、「取り返しのつかないことで残念。後悔する。」「相手に辱しめられたり、自分の無力さを思い知らされたりと、腹立たしく感じる、忌々しい気持ち。」とされており、2つの意味合いを持っています。「あなたの人生を明るく変える会話術」・幸せホルモンのセロトニンを増やして心を元気にするサプリ【セロトアルファ】・「うつ病かも・・・」と思ったら。うつ病からの最短回復認知療法「あったかもしれない可能性」を失っ...

寂しいとは、本来あった活気や生気が失われて、物足りなく感じる。満たされない。孤独をひしひしと感じる。心細い。などの意味合いを持ちます。寂しいという感情の役割は、「繋がりが途絶えているよ」というサインです。寂しいと「人恋しくなる」と感じる人は多く、一般的に「孤独=寂しい」と思われています。しかし人と一緒にいても、寂しさを感じる事は案外多いものです。自分と感性の違う人達と一緒にいたりすると、物理的には...

罪悪感とは、「自分が罪悪を犯したという気落ち」であり、感情面においては「相手を思いやれていない」というサインでもあります。また罪悪感は負の感情です。一度抱いてしまうと引きずる傾向があり、相手とのその後の関係性にも、悪影響を与えます。「あなたの人生を明るく変える会話術」・幸せホルモンのセロトニンを増やして心を元気にするサプリ【セロトアルファ】・「うつ病かも・・・」と思ったら。うつ病からの最短回復認知...

不機嫌とは、機嫌が悪い事。不快。という意味合いであり、「今は本来の自分ではない」というサインです。不機嫌になるきっかけは様々です。ある事で強烈に怒ったけれど、自分の気持ちは収まり切らずに不機嫌になってしまう、自分以外の人達ばかりがちやほやされていて不機嫌になる、朝、夫婦げんかをして1日不機嫌になってしまうという事や、女性であれば、生理前は理由もなく不機嫌になる人もいます。このように色々な理由で不機...

「怒り・不安・悲しみ・悔しさ・寂しさ・罪悪感・不機嫌」などという感情たちは、いわゆるネガティブな感情です。しかしネガティブといっても、自分を守るために備わっているものであり、嫌ったリ怖れたりするものではありません。ネガティブな感情は「もってはいけない」と、思っている人はたくさんいます。ですから普段から自分を抑制し感情を隠し、波風を立てないようにと、作り笑顔でやり過ごしている人もいます。でも無理矢理...

近年、職場や家族間など、様々な人間関係のトラブルで悩んでいる人達が増えており、「感情をコントロールする事が大事」という事が、よく言われるようになってきました。しかし多くの人は感情のコントロールは、「感情を出してはいけない」「感情は抑えなければいけない」という様に、間違えて受け止めている傾向があります。そもそも感情のコントロールというのは、感情を出さないことでも抑える事でもありません。自分の中に何か...

多くの人は「感情を自力でコントロールすることは可能だ」と信じている人がいますが、実際に上手くいっているでしょうか。そもそも感情というものは、自然に湧いてくるものです。それを自分の意識で無理矢理抑え込もうとしたところで、感情そのものを消す事は出来ません。怒りの感情が沸き起こった時、「ここで自分は怒ってはいけない」と、自分に言い聞かせて封じ込めようとしたり、「自分は決して怒ってなんかいない」と感情を否...

感情的になると「人からは嫌われて、それが元で人生がダメになる」と考える人はたくさんいます。そしてこの考えが「感情的=ダメ」という、決めつけになってしまうのですが、実際に感情的になっても嫌われる人と嫌われない人がいます。感情的になっても嫌われない人というのは、感情を出すので起こると爆発しますが、普段から感情を抑えることが無いため、怒ってもすぐに収まります。また後になっても引きずるような事はありません...

その時々の感情の起伏をオモテに出してしまう人が、必ずしも嫌われるわけではなく、逆に相手の心を掴むという事もあります。なぜなら感情こそ、その人ならではの魅力を相手に伝えるものだからです。この事は、感情を出しても好かれる人でもお伝えしました。では、感情を出して嫌われる人というのは、一体どういうことなのでしょうか。多くの人は「感情出すと嫌われる」「だから感情は出さない方がいい」と思っていますが、実は感情...

世間では自分の感情を出して、人から嫌われることをこわがり、同時に感情的になる人を毛嫌いする風潮がとても強く、感情的になる事は「人間関係において最も注意を払うべき問題」と考える人も多いです。しかしメンタルヘルス上においては、感情にまつわる深刻な問題は、感情的になって爆発してしまう事ではなく、自分の感情を出せないという事です。「あなたの人生を明るく変える会話術」・幸せホルモンのセロトニンを増やして心を...

近年、自分の本当の感情を出さずに、周りの空気に合わせた感情を出す人や、感情を出していいとされる場であれば感情を出せる、という人がどんどん増えています。確かに人とは違う自分の感情を出すよりも、みんなと同じ感情を持つ方が安心する部分もあります。しかし仲間にして貰えるという感覚が世の中に広がっていくと、「感情はみんな一緒でなければいけない」という押し付けや、「みんなと違う感情を出す事は間違っている」とい...

 

スポンサーリンク