スポンサーリンク

集団でのコミュニケーションって難しい?

 

一対一では上手くできるコミュニケーションでも、人数が増え集団になってくると、途端にコミュニケーションが苦手になってしまうという事があります。

 

司会進行や発表など大勢の前だとどうしても緊張してしまい、中々思ったように出来ず、伝えたい事の半分も伝えられないまま終わってしまう、という経験は多いのではないでしょうか。みんなが集まる場で、どうしたら上手く振る舞えるようになるのでしょう。

 

 

集団を相手にする時のコツ

 

コミュニケーションで誰もが意識している事は、「相手にどう思われるか」という事です。この意識は自分に緊張を与えているわけなのですが、多くの場合は一対一でも緊張しながら、上手にコミュニケーションができます。

 

しかしこれが集団になると、その対象も当然多くなるので、「どう思われるだろう」という緊張も強まります。それで途端に苦手になるというわけです。これを克服するためには、自分に向けられている意識を相手に向ける事です。

 

人前に出て緊張するという事は、「自分がどう思われているか」「ちゃんとできるだろうか」など、全て自分に対しての思考状態です。それらをいったん脇に置き、目の前にいる相手のみに意識を向ける事です。

 

相手に意識を向けると、「話が伝わっているか」「分かりやすいだろうか」などと、相手目線で考えていくようになります。そうすると自然と緊張もしなくなり集中力も高まり、良いコミュニケーションが取れている状態となります。

 

無理に話に割り込む必要はない

 

グループの中でのコミュニケーションは「聴く」「話す」がとてもランダムとなり、「話に割り込んだ方がいいのか」「黙って聞いていた方がいいのか」と、判断をするのが難しくなります。

 

このような状況では、個々の個性が大きく反映されます。割り込みが得意な人もいれば、苦手な人、嫌いな人もいるでしょう。この場合、誰が正解というのはなく、自分らしい在り方でいればいいのです。

 

ただし自分は「安心だ」という雰囲気をだす事が大事です。オロオロとしていれば、周囲もその影響を受けてしまいます。コミュニケーションにおいて「自分が安心する」「相手にも安心と安全を提供する」ことが重要なのですが、これは集団であっても同じです。

 

ファシリテーションを目指す

 

集団でのコミュニケーションでは、てきぱきと場を仕切る人もいれば、カリスマ的に誘導をしていく人もいますが、人はそれぞれに違った個性を持っているので、すべての人が同じように出来るわけではありません。

 

仮に自分が人の上に立つ役職などになった場合、仕切ったりまとめたりするのが苦手という人もいるでしょう。その時に同じようにやろうと思っても、上手くいかず失敗してしまったり悩んだりしてしまいます。ではどうしたらよいかというと、ファシリテーションがポイントとなります。

 

ファシリテーションとは「促進」という意味であり、一般的なリーダーが中心となって結論を導く専制君主的なやり方ではなく、それぞれの持っている力を引き出しやすい環境を作る役割を担うということです。

 

会議などでもあくまで自然なやり取りに合わせて、一部の発言者だけの意見ではなく、みんなからの発言の機会を作り、より深まっていくように促進していきます。

 

引張っていくのが苦手な人は、ファシリテーターとして、みんなの持っている力を引き出していく役に徹するのも、集団での良いコミュニケーションとなります。

 

リーダーだと意気込むと失敗する

何かのチームリーダーに抜擢された場合、経験が少ないとどうしても「良いリーダーにならなくては」という思いが強く出ます。そうすると大概空回りをして、周囲も離れていき失敗してしまいます。

 

意気込みも大事ですが、周囲は安心・安全な環境を求めているのですから、まずは自分自身が安心した状態でいなければいけません。

 


 

スポンサーリンク