スポンサーリンク

愚痴や嫌な話はストレスフル!

 

相手の愚痴や不満といったネガティブな話を聞かされると、「疲れてしまう」といった人は少なくありません。これはコミュニケーションにおけるストレスなのですが、この「疲れる」というのは、相手の話に自分の思考が反応してしまっている事が原因です。

 

この悩みを解消するには、次々と浮かんでくる自分の思考を「脇に置く」という聴き方をすれば、愚痴であっても最も疲れずに聴くことができます。またこの聴き方は同時に、相手にも「よく聴いてもらった」という感覚を与えます。

 

なぜかというと、話を早く終わらせようとして相手の話をまとめに入ったり、途中でアドバイスをしたりしてしまうと、相手は「分かってくれていないのではないか」と思い、追加説明を始めてしまう事があるからです。ですから自分の思考を脇に置き、淡々と相手の話を聴いていく事が、最も相手の愚痴を早く終わらせるという事になるのです。

 

会うたびに愚痴や不満しか言わない相手は、その関係を続けなければいけないという義務はないのですから、距離を置くことも大事な事です。

 

次にストレスフルになりやすいいくつかの場面において、上手にかわすコツについてご紹介していきます。

 

 

悪口は一緒になって言わないとダメ?

 

相手が悪口を言っている時、「悪口は共感しながら聞かないと、自分も悪口を言われてしまう・・・」という不安を抱き、本当は悪口を言いたくないのに、つい一緒になって悪口を言ってしまうという事で悩んでいる人は多くいます。

 

悪口を言っている人は、相手を「敵」と考えているわけですから、自分に賛同してくれる人しか「味方」と感じる事ができません。しかし言いたくもない悪口を言う事は、精神的にもマイナスですし、悪口を言ったという事は事実ですから、それが回り回って将来的に自分に影響を及ぼす事もあります。

 

この場合の上手にかわす方法としては、「共感はしても悪口は言わない」という選択肢を選びましょう。

 

相手は何らかのイヤな目に遭ったために、悪口を言っているわけですから、相手がイヤな体験をしたというところにだけ共感してあげればいいのです。「いろいろ大変だよね」程度で相槌を打てば、相手に共感している事は伝わります。

 

しつこく迫ってくる場合の対応

中には「あなたもそうおもうでしょう?」と悪口に他する同意を求めてくる人もいます。それでも「本当、大変だよね」という程度で不自然さはないと思います。

 

しかし更に「あなたはどう思っているわけ?」と絡んでくる相手もいます。そんな時は、「私は人を見る目が無いからわからないけれど、あなたがすごくストレスを感じているのは分かる」というような、あくまでも悪口の対象に対する直接の評価をさけ、相手のストレスに共感してあげる、というスタンスで良いと思います。

 

滅多にはいない事ですが、あなたがハッキリと悪口を言わないことに怒り、あなたの悪口を言う相手もいます。そのような人は、何か大きな心の問題を抱えている事が多く、そのような時は関わりを避け、その悪口も気にしないで放っておくようにしましょう。

 

上から目線で話してくる相手にイライラ

 

色々な人とコミュニケーションを取る中で、「上から目線」で話してくる人がいます。その時に自分がネガティブな評価を下されたと考えると、すでに領域の侵害が起こっている事となり、当然イライラし強いストレスを感じます。

 

このような上から目線の人に対して、ネガティブな思考を持たないようにするというのは、ほぼ不可能に近いと思うかもしれませんが、相手がどう言おうと、自分の領域を侵害されない方法があります。

 

それは、「相手からの話を肯定も否定もせずに、聞き流していく」です。

 

自分の領域を守るためには聞き流す

通常、腹が立つような事を言われると、「そんなことない!」とか「私の勝手でしょ!」などと、強い口調で言い返したりするものですが、これはすでに自分の領域を侵害されているから反撃しているという事です。

 

つまり相手の言葉に自分の思考が反応してしまっている、良くない状態状態であり、この状態では相手もさらに反撃してきます。

 

ではどうするのかというと、「ふうん、そう思うんだ」とか「考えてみるね」というような、相手の言う事に肯定も否定もしない聞き流す答え方であれば、相手のコメントを自分の領域に入れずに、そのまま跳ね返している事になるのです。

 

 

親しくもないのに馴れ馴れしくする相手と距離を置きたい

 

人にはそれぞれ、親しさに応じた距離というのがあります。ですから大して仲良くもないのに馴れ馴れしくされると、大概の人は不愉快になるでしょう。

 

こんな時にやってはいけないのが、「馴れ馴れしくしないでください」と言ってしまう事です。これは相手の領域に踏み込んで拒絶している事になります。誰でも自分の領域に入ってきてほしくないわけですから、それはするべきではありません。

 

基本的な距離の取り方としては、先ほどの「聞き流すやり方」を行います。そっけない感じで返事をしていれば、そのうち相手はつまらなく感じて離れていきます。また「自分からは相手に質問をしない」というのも有効です。質問をする事は、「こちらも距離を縮めたがっている」という風に取られることがあるからです。

 

どうしても話したくない事がある場合

 

誰でも、どうしても話したくない事はあります。そんな時、正直に伝えないで隠しておくことは、不誠実な事なのでしょうか。

 

相手に何を話すかということは、「何を知っておいてもらいたいか」という事です。自分と相手との関係性を考えた時に、その関係性が上手くいく為に、必要な事だけを知っておいてもらえれば良いという事になります。

 

話すか話さないかの判断で重要な事は「相手との距離間」です。

 

浅い関係の相手に何でも馬鹿正直に話す必要はありません。むしろ話してしまう事で、相手を困らせてしまう事もあります。自分の事について質問を受けた時に、知ってもらう必要のない事を伏せて話す事は、「嘘や隠し事」をしている事になると感じますが、浅い関係性の相手であれば話す必要はないのですから、嘘や隠し事にはならないのです。

 

しかし相手との関係性が恋人や夫婦、親子といった深い場合には、一度嘘をついてしまう事で「嘘の上塗り」が起こってしまい、人間としての信頼を失ってしまうことにも繋がります。ですから話す話さないを決める場合には、相手との距離を十分に考える事はとても重要です。

 


 

スポンサーリンク