スポンサーリンク

ストレスをそのままにしておくと、確実に心身の不調や病気を発症します。

 

過度なストレスを一度に受けたり小さなストレスが積み重なってくると、身体や精神はそのストレスよってどんどん調子を崩していきます。

 

ストレスがなぜ、体に悪影響を与えてしまうのでしょうか?

 

その原因は、ストレスは身体の調子を維持する自律神経系のバランスを乱し、ホルモンの分泌作用にも悪影響を及ぼしているからです。やがてこの状態が続いていくと、悪化して大きな病気を引き起こす事にもなります。

 

ここではストレスが引き起こす軽度な症状から、精神的な病気、内科的な病気、依存症などについてまとめています。

 


 

スポンサーリンク

ストレスが原因となって引き起こす様々な病気や疾患記事一覧

ストレス,原因,軽度,不調,症状

ストレスがだんだん溜まってくると、体には様々な不調が起こるようになります。初めのうちは軽い症状で済み、すぐに良くなることもあります。しかしストレスによる不調は、知らず知らずのうちに蓄積されていき、気づいた時には重い病気へ変わってしまう事もある為、早めのケアが必要となってきます。スポンサーリンク・幸せホルモンのセロトニンを増やして心を元気にするサプリ【セロトアルファ】・なかなか「うつ病」から抜けられ...

ストレス,原因,精神疾患,症状

ストレスが発散されずにどんどん蓄積されていくと、精神を病んでしまう病気に発展する場合が非常に高くなります。精神疾患を患ってしまうと回復をするのに時間がかかり、また一度でも精神疾患を患ってしまうと再発の確率も高くなります。症状が重いと深刻な事態をまねく恐れがあるので、早期の治療が必要不可欠です。スポンサーリンク・幸せホルモンのセロトニンを増やして心を元気にするサプリ【セロトアルファ】・なかなか「うつ...

ストレス,原因,内科疾患,胃腸

ストレスの影響を受けやすい自律神経は、内科系にも大きな影響を与えます。症状が軽いうちは投薬治療などでも回復しますが、放っておくと取り返しのつかない病気に発展する恐れがあります。またストレスの発散のために、タバコやアルコールの量が増える事で間接的に悪影響を及ぼしていきます。スポンサーリンク・幸せホルモンのセロトニンを増やして心を元気にするサプリ【セロトアルファ】・なかなか「うつ病」から抜けられないあ...

ストレス,慢性疲労,慢性疲労症候群,悪化

一般的に「疲労」というのは誰にでもあるもので、疲労を感じる事は身体の正常な機能である証拠です。むしろ疲労している事を身体が感じないと「休める」という事がなくなり、知らず知らずのうちに身体がボロボロになってしまいます。通常、疲労は「体を休める、栄養補給する、ストレス発散をする」などといった事で回復をしていきますが、「慢性疲労」となると話は変わっていきます。慢性疲労は、体を休めても栄養補給をしてもスト...

ストレス,脳,悪影響,人格変化,脳萎縮

ストレスがかかると、体に様々な悪影響をもたらしますが、代表的なところではストレスによって自律神経の乱れが生じて、精神疾患や胃腸疾患などを引き起こしていくなどがあります。しかし実際にはストレスによる影響はそれだけではなく、脳そのものへも悪影響をもたらすということが分かってきています。スポンサーリンク・幸せホルモンのセロトニンを増やして心を元気にするサプリ【セロトアルファ】・なかなか「うつ病」から抜け...

本来のうつ病というのは、「憂うつな気分、寂しさ、孤独感」などといった、抑うつ気分など精神面での症状が前面に出て、何事にも意欲が低下するというような特徴があります。一方で仮面うつ病というのは、下痢や頭痛、体重の増減、胸の圧迫感などの体の不調が前面に出て現れてくるのが特徴で、精神面の症状が前面に出てくるわけでは無いので、意欲が低下するというような事も初期の段階ではみられません。体が不調となっているので...

拒食症も過食症もどちらも『摂食障害』であり、精神的なストレスが原因となって引き起こされることが多いです。ただストレスの受け方に違いがあります。拒食症は、「自分に対するストレスや自分で作り上げるストレス」が主な原因。過食症は、「外部から受けたストレス」が主な原因。拒食症は男性よりも女性に圧倒的に多く年齢層では10代〜30代に著しく見られ、過食症は男女どちらでも起き年齢層は10代から幅広いのが特徴です...

神経症とは、何らかのストレスを受けた際に、不安を取り除くことが出来なかった場合に発病します。いわゆるノイローゼと呼ばれたりもします。また一口に神経症といっても、様々なタイプがあります。神経症の特徴は、「重要な仕事を任されたことによる不安」や「体調不良を重篤な病気ではないかと不安になる」など原因がはっきりしています。このような原因が無くなれば症状は軽くなり、不安が強まれば症状はどんどん重くなっていく...

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder)-心的外傷後ストレス障害は、日本ではオウム真理教による地下鉄サリン事件や阪神淡路大震災によって、被害に遭った多くの人達が精神的な苦痛を訴えた事から注目されるようになった症状です。PTSDはアメリカでベトナム戦争後に帰国したアメリカ人兵士達が、心の不調から正常な社会生活を送れないでいる事が大きな社会問題となり、その事がキッカケで...

一昔前、「覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか」といったTVCMやポスターがありましたが、それから数十年たった現在も、依然として薬物使用者は減りません。むしろ減るどころか、脱法ハーブや危険ドラッグなどを含めると増えてきています。最近でも大物ミュージシャンが覚せい剤使用で捕まったニュースや、脱法ハーブの使用で交通事故を起こすなど社会的な問題になっています。この薬物依存・薬物中毒となるそもそもの...

ストレス疾患の代表なものとして、うつ症状やうつ病があります。「うつ病になると、治るのにも時間がかかる」というのが、現在の定説ですが、実はすぐに治る病気とも言われているんです。うつ病の人は仕事、家庭環境、介護、人間関係など様々な問題が原因で、自分は幸せではないと感じます。そしてうつ病の人はこのような事情があるのだから、自分がうつ病になっても仕方ないと思い、うつ病を正当化し自分を納得させています。うつ...

仕事や生き方など何かを人生の目標にし、それを生きがいと感じる事を一生懸命に努力した人が、期待していた結果を得られなかった時、また何かを精力的に一生懸命頑張って、ひとつの区切りができた時に、突然「燃え尽きる」ように、何もかもやる気がなくなり、動けなくなってしまう事を、燃え尽き症候群(無気力症候群)といいます。燃え尽き症候群になると、持続的なストレスに起因する衰弱状態により、意欲喪失・情緒不安・身体の...