スポンサーリンク

占いは一つのストレス解消法なのかもしれない

 

「当たる事もあれば、当たらないこともある」というのが常である占い。軽い気持ちだったり、何か心配な事があったり、金運や恋愛運が気になったりと、誰もが一度は雑誌や新聞に掲載されている占いを見た事があるでしょうし、また実際に占い師さんに占ってもらったりという事があると思います。

 

占いというのは非常に古くからあり、古代のエジプトをはじめとする、数多くの文明発達の歴史において、大きな影響力を持っています。現代においてもその影響力に変わりはなく、世界的に著名な人達をはじめ多くの人達が、占いと共に人生を歩んでいます。

 

なぜ占いが、古くから人々に必要とされているのでしょうか?自分の未来というのは、100%自分が作っていくものだとすると、「占い」という類は一体なんなのでしょう。

 

 

占いは「心のケア」に大きな影響を与えている

 

TVや雑誌に載っている星占いを見る時というのは、ただ何気なく「今日の自分の運勢はどうかな〜?」と見る事が多いと思います。

 

でも実際に占い師に占ってもらうという場合は、「純粋に自分の将来が気になるという人」。もうひとつは「現状の不安を解消したい人」という、2種類のパターンに分かれていくと思います。

 

驚愕の願望成就率!当たる本格電話占い梓弓

 

TVで開運菩薩として有名な「岡井浄幸の嘉祥流観相学」

 

現状の不安というのは心のストレスを抱えている

現状の不安を解消したい場合は、恋愛や仕事、友人、金銭、家族など様々な事で、今現在、何かしらの大きな悩みがあるという事であり、それはつまり、心にストレスを抱えているという事です。

 

心に何かしらのストレスを抱えている場合、そのストレスを解消しようと様々なストレス解消法を行いますが、「占いに頼る」というのも一つのストレス解消法であり、占ってもらう多くの人達の心理には、将来の事に結びつく占いよりも、現状の不安解消を最も重要視しています。

 

占いで逆にストレスが増える事もある

 

占いは心のストレスを緩和する効果もありますが、心の不安を解消するために占ってもらったのに、良くない結果を伝えられたことで、ますます心が不安に陥ってしまい、逆にストレスや心配事が増えてしまうというケースもあります。占いというのは必ずしも良い結果ばかりではありません。当然悪い結果というのもあります。

 

モノゴトを前向きにとらえられる人であれば、例えば「来月は良くない事が起こります」と言われても、実際にそのような事が起きないように、注意する心構えで過ごす事ができたりしますが、マイナス思考の人や心が疲れ切って、何かにすがるような強い思いの人が、そんな結果を聞かされれば、ますます気持ちがふさぎ込んでしまったり、病気になってしまう事だってあるわけです。

 

驚愕の願望成就率!当たる本格電話占い梓弓

 

TVで開運菩薩として有名な「岡井浄幸の嘉祥流観相学」

 

占いは良い結果だけを聞くようにする事

 

占いでは良い結果も出れば悪い結果もでます。もちろんその結果が当たるか当たらないかは、分からない事ではありますが、悪い結果を聞いた時に、それを非常に気にしてしまうような人は、占いはしない方が良いです。

 

占いで少しでも心のケアをしたい場合は、良い事だけを聞いて、自分にプラスのパワーを得られるように賢く利用するべきです。悪い予想で自分の心を暗くして、更にストレスを抱えてしまっては意味がありません。

 

驚愕の願望成就率!当たる本格電話占い梓弓

 

TVで開運菩薩として有名な「岡井浄幸の嘉祥流観相学」

 


 

スポンサーリンク