スポンサーリンク

イライラした時にすぐに出来る解消方法は?

 

日常生活の中で、「イラッ」とすることってよくありますよね?他人から批判されたり、否定された時やマナーの悪い人と出会ってしまった時、店員の態度が悪い、仕事での筋違いなクレームなどなど・・・・・。

 

イラっとくるとせっかくの気分も台無しになりますし、イライラが継続してしまうと周囲にも悪い影響を与えてしまいます。でもイライラの原因は、実は自分自身の持つ「固定観念」のせいなんです。

 

自分の持つ固定観念のどの部分が、イライラの素となっているのかが解ればイライラを改善する事が出来ます。しかしそうはいっても、固定観念を改善していくのは中々難しいことですよね。なのでここではイラッとした時の対処法をいくつか紹介していきます。

 

 

日常生活においてイライラする事ってどんな事?

普段の日常生活において多くの人は、どのような事でイライラするのかを以下に挙げてみました。

 

●公共の場で騒ぐ子供を注意しない親
●会話しないでスマホいじりばかりする人 
●静かな場所でのケータイの音など 
●不愛想、態度の悪い店員
●偉そうな客の態度 
●飲食店でのオーダーの遅さや注文間違い 
●電車、飛行機、映画館などの肘掛の独占 
●待ち合わせ時間に遅刻する人 
●混んでいる時のレジ店員の遅さ 
●会計の遅い客
●食事の時にクチャクチャと音を立てて食べる行為

 

など。

 

一つや二つ、皆さんも必ず経験されているような事ばかりだと思います。気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、環境そのものにイライラするよりも、人物に対してのイライラの方が圧倒的に多いという事です。

 

イライラした時の具体的な対処法

どんなにイライラした時にでも、八つ当たりしたり相手に手を上げるような事はあってはいけません。瞬間的にイライラした時や、継続してイライラしている時などに使える、イライラ対処法についてまとめてみました。参考にしてみてください♪

 

瞬時に別の事を考えるようにする

人が怒り続けられる時間は20分間と言われています。この20分をとにかく別な事に意識を向けて乗り越えていきます。

 

「なかったことにしよう」と口に出して言う

イラッとした瞬間に「今のはなかったことにしよう」と、口に出して言うと心が落ち着きます。

 

イライラのツボを押し続ける

どちらかの手のひらの親指と人差し指の間の部分を、もう片方の指でぐりぐりと押します。この部分はストレス解消に効果のあるツボで小声でブツブツと言いながら押すと効果も上がります(笑)

 

全力疾走する

イラッとしたら取りあえず、「猛ダッシュや過激なストレッチ」をやってみましょう。特に猛ダッシュは、イライラしていたことを瞬時に忘れます。

 

深呼吸をする

イライラしている時は呼吸が浅い状態にあります。ですので深ーく深呼吸をしましょう。イライラが落ち着きます。

 

イライラしている原因の相手に変な「あだ名」をつける

いつも顔を合わせるイライラの相手には有効な手段です。あだ名をつけるといっても直接相手に言うわけではなく、自分の中だけで笑えるあだ名をつける事で心が落ち着きます。くれぐれも証拠を残さないように・・・。

 

誰かに聞いてもらう

気心の知れた人との対話は、気分が晴れる事が多いです。ただ気心の知れた人にイライラした場合は、ケンカになるので要注意。

 

腹から吐き出すような大声を出す

お腹から大声を出す事は、イライラ解消つまりストレスの解消に大きな効果があります。イラッとした瞬間に大声を出すのが一番効果が高いのですが、さすがにそれは色々な意味で難しい場合があるので、誰もいない場所や水の中、枕に顔を埋めるなどで行う方が良いでしょう。一人カラオケも効果は大きいですよ♪

 

食べる

空腹はイライラを助長します。自分の好きなものや美味しい物をおなか一杯食べれば満足感がえられ気分が落ち着きます。しかし毎度この方法を取っていると、確実に太るので要注意。極度にイライラした時などの切り札的に取っておきましょう(^^;)

 

寝る

この場合、夜になったら規則正しく寝るというよりも、いわゆる「ふて寝」です。睡眠は身体機能を維持・向上の他に、精神的な安定にも高い効果があります。それはちょっとした仮眠であっても効果はあるのです。だからイライラしたら「ふて寝」をしましょう。

 

緑色を眺めたり音楽を聴く

「緑色」を見ることは爽やかな気持ちを促し、情緒不安定の状態を落ち着かせるなどの心理的効果があります。さらに歯科医院で流れているような音楽を聴くと、落ち着きを取り戻していきます。

 

紙にイライラしている事を書く

紙にイライラしている事を書くのは、言葉に出すのと同じ効果があります。言葉で発せられない時など紙に書きまくっていきましょう。そのあとは必ず処分する事が大事です!

 

イライラした時の対処法 まとめ

 

イライラ解消法にも色々ありますが、イライラはストレスであるので、ストレス解消法と同じ手段が有効的です。

 

イライラした時は、その場で瞬時に解消する方がその後のストレスも溜めません。しかしどうしても、その場でイライラを解消するのが困難な場合も多く、溜めやすい人だといつまでも引きずってしまいます。

 

ですのでいつもカバンに、こういうのを入れておいてはいかがでしょうか?
↓↓

 

敢えてストレス発散用の「ニギニギ」ではなく、ハンドグリッパーが「粋」なんです♪これならイライラの解消だけでなく、握力も鍛える事ができて一石二鳥です(笑)

 


 

スポンサーリンク