スポンサーリンク

食事とお酒でストレスを解消する場合は適度な量を♪

 

栄養バランスの取れた食事は体調を回復させて、自律神経の機能を正常にしていきます。また楽しむ程度のお酒は、ストレスを解消するのには効果的です。

 

しかしストレスで心理的に不安定な時というのは、つい食べ過ぎ飲み過ぎをしてしまいがちになります。これではストレスを解消するどころか、逆にストレスを助長する事となり悪循環となってしまいます。

 

 

ストレスを解消する食事とお酒の楽しみ方

 

食事は何よりも栄養のバランスがしっかりと取れたものを食べ、なるべくいつも同じ時間に食べる事で体内時計を安定させます。とは言っても毎日同じようには中々出来ません。レトルト食品や加工食品を食べたい時、外食したいと思う時だってあります。その際は我慢せずに食べましょう!

 

我慢する事が逆にストレスを生む事になります。食べる頻度や量を気を付けていれば、それほど大きな問題にはなりません。

 

お酒は飲みすぎに注意が必要

お酒は昔から百薬の長とも言われ、飲むことでリラックス効果を得られます。ストレス解消にも役立ってくれたり、善玉コレステロールを増やして、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心臓病を予防する効果も期待できます。

 

しかし肝臓の処理能力をオーバーしてしまうような飲み方は、肝臓そのものの機能を壊してしまったり、動脈硬化や糖尿病などといった、生活習慣病を招く恐れもあるので飲みすぎには十分注意しましょう。

 

気心の知れた仲間と飲む適度なアルコールは、ストレスの解消に有効です。しかしストレスを忘れる為の1人飲みは、飲みすぎの面でも精神面でもあまり良くありません。逆にストレスを増やしてしまう傾向があり、アルコール依存症になってしまう事もあります。

 

食事とお酒でストレス解消のまとめ

食事もお酒も毎日1人でしていても、ストレスの解消効果は低いです。むしろ寂しさからくるストレスもあります。

 

気心の知れた仲間や家族と一緒に、楽しみながら食事をしたり、お酒を飲んだりするからこそ、ストレス解消の効果も大きくなるのです。

 

1人暮らしの方や人付き合いが苦手という方も、たまには外で食事やお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 


 

スポンサーリンク