スポンサーリンク

お風呂に入る事は、身体と心をリラックスさせます♪

 

日本人は古くからお風呂に浸かる習慣があります。このお風呂に浸かるという行為は、体の疲れを取るだけではなく、ストレスを発散しリラックス効果を得るなどがあります。

 

 

お風呂で得られる3つの効果!

お風呂に入る事で「温熱効果」「浮力効果」「水圧効果」という、3つの効果を得ることができます。これら3つの効果が、副交感神経を大きく刺激するので、心身のストレス解消に最適なんです。また体中の「めぐり」が良くなり、体調不良を回復させます。

 

お風呂の効果その1「温熱効果」

お風呂はお湯ですから暖かいのですが、この暖かさが身体を刺激しリラックス効果を生みます。また温度によって身体に与える影響も変わります。

 

微温浴(34度〜38度)

毛細血管への刺激が少なく、筋肉の疲れを解き放ってくれます。副交感神経が働き、リラックスへと導いてくれるのです。

 

中温浴(38度〜42度)

筋肉の疲れを解き放ってくれるのはもちろんですが、血液循環が良くなり体の芯から温まります。リラックスへと導いてくれる副交感神経の働きが一番活発になる温度であり、中温度はストレスの解消には一番最適な温度です♪

 

高温浴(42度〜)

交感神経が刺激されて新陳代謝が促されるので、心身共に活動的になり眠気を一掃してくれます。また疲労物質の乳酸を減らすので、疲労回復に効果的です。たくさん汗をかきたい人も高温浴がオススメです。

 

お風呂の効果その2「浮力効果」

身体は水中に入ると浮力を受けて軽くなリますが、これはお風呂に入る時も同じで、 浮力は筋肉や関節の負担を軽減して、緊張を緩和させる効果があり、体をリラックスさせていきます。

 

また副交感神経が優位になるので、精神的にもリラックスしてストレス解消になります。お風呂の場合はお湯の暖かさもあるので、リラックス効果は高まります。

 

お風呂の効果その3「水圧効果」

水中は常に水圧がかかっており、それは湯船の中でも同じです。水圧によって足にたまっていた血液は押し戻され、心臓の働きを活発にして全身の血液循環を良くしていきます。お風呂の場合はお湯の暖かさも相乗効果となって、さらに血液循環が良くなり、肩こりや腰痛・冷え・むくみ等の改善に繋がります。

 

その他の効果としては、水圧で横隔膜・肺などが圧迫されるため、体内の酸素量が減ります。そうすると心臓の働きは活発になり、無意識に呼吸数が増えます。その結果、心肺機能が高まります。

 

 

お風呂で気を付ける事は?

 

お風呂で体をゆっくりと暖める事は、体調回復やストレス解消に大きな効果があリますが、入浴は体力を消耗するので、心臓や血管などに思わぬ負担がかかることもあります。

 

「熱いお風呂に入るのが好き」な方もいますが、血管が収縮して血圧が上がったり、体の芯の部分の体温が上昇し過ぎて、かえって寝つきが悪くなるケースもあります。

 

また薬物治療を受けている人の中には、「低血糖」を引き起こしやすい場合もあります。入浴が心身のリラックスやストレス解消に有効であっても、長時間お風呂に入っていると、体力を消耗してしまうので様子を見ながら、疲れない程度のタイミングでお風呂を上がるなどの工夫することが大切です。

 

シャワーだけではストレスは解消しません

お風呂,ストレス,解消,効果

 

シャワーには湯船に浸かって得られるような効果はありません。基本的には汗や汚れを落とすだけです。暑い日や汗などで不快な時はシャワーを浴びたほうが、一時的な爽快感は得られますが、1日の疲れやストレスは流れ落ちません。

 

また逆にシャワーを毎日浴びる事で、体にストレスを与える事もあります。ですので、疲れた時やストレスが溜まっているなと感じる時は、シャワーではなくお風呂に入る事をおススメします。

 


 

スポンサーリンク